稚内ブランドとは?

トップページ»稚内ブランドとは?

稚内の魅力を伝える「稚内ブランド」
日本最北の地・稚内市で平成24年春に「稚内ブランド」が誕生しました。豊かな自然の中で生まれた農畜産物や水産物、これらの資源を活かして生産される産品や、稚内が誇る文化・自然等の地域資源を「稚内ブランド」として認定し、広く国内外へ発信することで、稚内の知名度向上を図っていきます。認定された産品は、どれも稚内の魅力を十分に感じられるものばかりとなっています。ぜひ稚内自慢の味をお楽しみください。

平成29年4月現在 原材料(素材)7品、加工品24品、地域資源4点を認定しています。

稚内ブランド認定品一覧(PDF)

稚内ブランド認定マーク

稚内ブランド認定マーク
稚内ブランド認定マーク

日本最北のまち、「稚内」の位置を一目で知っていただくこと、また、北海道は、寒い・冷たいというイメージが強いことから、ハートで温かさを表現しています。


制作者:尾崎強志氏 (稚内出身)

「稚内ブランド認定マーク」及び「稚内ブランド認定品画像データ」の
使用を希望される場合はこちら

 

てっぺんの街「わっかない」はどんな街?

稚内の位置
日本最北に位置する稚内市は、宗谷海峡をはさんで東はオホーツク海、西は日本海に面し、宗谷岬からわずか43kmの地にサハリン(旧樺太)の島影を望む国境の街です。 2つの海域が出会うことでもたらされる、豊かな漁場で獲れる海産物や、厳しい自然の中で育てられた農畜産物など、最北の食材の宝庫となっております。また、利尻島・礼文島への観光をはじめ、隣の国ロシア連邦サハリン州への渡航の玄関口としても知られています。

稚内市のより詳しい概要や観光情報などはこちらからご覧になれます。

稚内市公式サイト 情報

PAGE TOP